ワゴンRのインテリア、親しみを感じるそのコンセプトとは?

ワゴンRのインテリア、そのコンセプトはあまりにもシンプルです。あまりにシンプル過ぎてもうカタログや公式サイトにも記載が見当たりませんが、価格がとても安いんですね。今でこそライバル車も同じくらいの価格設定になっていますが、 現行のワゴンRというのはもっとも安いグレードでは107.8万円という設定になっています。

もうすぐ100万円を切ってしまうじゃないかというこの価格は、「クルマは高いものだ」と思っている層にある意味では衝撃的な数字ではないかと思います。ワゴンRがデビューしたのは1993年ですので、今とはお金の価値がだいぶ違うとは思いますが、初代の ワゴンRも80万円台といった衝撃的な価格設定のグレードも存在していました。

つまり ワゴンRのインテリアのコンセプトは「これだけ広くて、これだけ安い」という事です。全体としては非常にシンプルにまとめられていて、広さを感じるのは当然のこと「広いのに安いのか!」という大きなインパクトを与える仕上がりとなっています。

ワゴンRのインテリア、まずは運転席、インパネ周りをチェック

それではワゴンRのインテリアについてまずは運転席、インパネ周りをチェックしてみたいと思います。この運転席とインパネ周りに、先ほどもご紹介をしましたワゴンRのインテリアのコンセプトというのがしっかり出ていて、とてもシンプルなデザインとなっています。

速度メーターは大きく見やすいように真ん中に配置され、オーディオやエアコンといった部分は中央にスッキリと配置されていますね。また、最近の軽自動車では常識となっているインパネシフトとなっており、基本もしっかりと押さえられています。

販売価格を抑えようとすると、やはりこういった運転席やインパネ周辺に「安っぽさ」が出てしまうのですが、ワゴンRのインテリアからはそういった安っぽさは感じません。

シンプルであることは、一歩間違えると安っぽさとして見えてしまう場合もあると思うのですが、そこはさすがに長い歴史を持つワゴンR、ただシンプルだけなのではなく、経験値を感じさせる洗練されたシンプルさになっています。

ワゴンRのインテリア、室内空間のデータを見てみよう

ワゴンRのインテリアについて、室内空間の具体的なデータをチェックしてみましょう。「広さ」というのがデビュー以来のコンセプトとなっているワゴンR、ライバル車が増えた今では当たり前となってきていますが、デビュー当時は「メルセデスやBMWと変わらない室内空間」という衝撃がありました。

100万円前後の軽自動車が、1000万円前後の高級車と同じ室内空間の広さを持つと聞いたら、誰でも驚きますよね。それが軽トールワゴンの人気の理由でもあるのですが、具体的なデータとしては、室内長が2,165mm、室内幅が1,295mm、室内高が1,265mmとなっています。

あまりに分かりやすいコンセプト。だからこと支持され続ける

ワゴンRのインテリアのコンセプトは、とにかく分かりやすくシンプルです。価格は抑えて、空間は広く快適であること。「広くて安い」という、これほど分かりやすいコンセプトというのもなかなか無いですよね。

これは、軽トールワゴンというジャンルを確立した先駆者として得られる利益と言ってもいいかもしれません。もしダイハツのムーブがこれと同じコンセプトを打ち出していたとしたら、あっけなく ワゴンRに負けていたかもしれません。

だからムーブは、その名が示す通り機動性や走りをコンセプトの中心に据えています。最近になって増えてきた軽トールワゴンも、たとえばオシャレさ、であったり、ファミリー層向けであったりと、やはり ワゴンRのコンセプトとはあまり被らないように、少しずらした部分でコンセプトを打ち出してきています。

1993年のデビュー以来、「安くて広い」という分かりやすいコンセプトを今も維持している事。それは先駆者だったからこそできる事であり、それを守り続けている事が今も売り上げを維持ししている事に繋がっていると言えますね。

ワゴンRのインテリア、収納系ももちろん充実

ワゴンRのインテリアについて、収納系は言うまでも無く充実しています。当たり前のことではありますが、ただ空間が広いだけでは、それこそ商業の軽バンと変わりません。

広さがあるのに加えて便利で使い勝手が良いことも判断材料の一つになりますよね。 ワゴンRのインテリアについて言えば、シートアレンジや、助手席下のアンダートレイボックス、カップホルダーなどなど基本的な部分は一通り押さえられています。

まとめ

ワゴンRのインテリアをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?シンプルだというのは「飽きない」といったメリットや、「使いやすい」といったメリットもありますが、なによりも「安心感」というのが大きなメリットの一つですよね。

当たり前のことが当たり前にできるという安心感は、際立った個性や奇抜さが苦手だという方には、とても嬉しいポイントの一つです。 そんな ワゴンRのインテリア、気になる方はぜひお店へ足を運び、実際にご自身の目や手、感覚でお確かめいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です